YouTubeチャンネル「AndoTV」の公式Blogです。

AndoTV Officialブログ

Apple iPhone

iPhone6とiPhone6PLUSはどっちがいいの?

投稿日:

こんにちは。
AndoTV@andohiroyukiTVです。

iPhone6、iPhone6PLUSが発売になって、4日が経ちました。
iPhone6とiPhone6PLUSはどっちがいいのか?
どっちのサイズにすればいいんだと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

imgres

僕も悩んでいる1人ですが、本日は実際にiPhone6、iPhone6PLUSを触ってきて感じたことをお話したいと思います。

スポンサーリンク

動画はこちら。

【iPhone6と6PLUSは画面の大きさが違うだけではない!】

実は、iPhone6と6PLUSの違いは画面サイズだけではないんです。
大きく分けると3つの違いがあります。

その3つとは『カメラ機能』『ディスプレイ』『バッテリー容量』です。
1つずつ解説していきたいと思います。

1つ目のカメラ機能のついてですが、iPhone6は5sに比べると機能が向上しているのですが、更にiPhone6PLUSには光学式手ぶれ補正の機能が付きました。
静止画を取る時によりブレに強くなったのです。
(動画撮影の際には働きません)

2つ目のディスプレイについてですが、iPhone6も6PLUSもディスプレイの名称は『Retina HDディスプレイ』となっていますが、解像度が違います。
iPhone6の解像度が1,334×750なのに対して、
iPhone6PLUSは解像度が1,920×1,080となっていて、フルHDに対応しています。
つまりディスプレイはiPhone6PLUSの方がキレイということになります。

そして、3つ目がバッテリー容量です。
iPhoneのバッテリー容量がどのくらいかをAppleは公表していないのですが、歴代のiPhoneを分解しているサイトによるとiPhone5sが1,560mAhだったのに対して、iPhone6は1,810mAhと15%ほど容量が増えています。
これに対して、iPhone6PLUSは2,915mAhとなっていて、iPhone5sの2倍近い容量となっているので、バッテリー持ちがかなり良いのではないかと考えられます。

【iPhone6とiPhone6PLUSの大きさはどのくらい違うのか?】

今回はiPhone5sとはどちらも画面サイズが大きくなっているので、大きさが想像しにくいと思います。
実際に手にとった画像がこちらになりますので、参考にしていただけたらと思います。

Screen Shot 2014-09-23 at 13.55.00

そして、電話をするときはこんな感じになります。

Screen Shot 2014-09-23 at 13.55.16

結構大きさ違いますよね?
iPhone6PLUSはしっかりと持たないと落としてしまいそうなくらいの大きさでした。。。

【iPhone6とiPhone6PLUSはどっちがいいの?】

正直この質問はかなり難しい質問だと思います。
というのは、iPhone6とiPhone6PLUSは全く別のモノだからです。

どういう事かというと、iPhone6が従来のスマホなのに対して、iPhone6PLUSはスマホではなく、スマホとタブレットの中間に位置する『ファブレット』だからです。
2つは全く使う場面が違うように持っていて感じました。

今までのスマホと同じようにポケットなどに気軽に入れて、すぐに取り出して使いたい!というかたは、iPhone6がオススメだと思います。
片手で扱うのにはこの大きさが限界だと感じました。
(手の大きい方は違うかもしれませんが。。。)

iPhone6PLUSは、ゲームをする、動画を見る、Kindleとして使う人やしっかりと座って両手でiPhoneを扱うという人にオススメだと感じました。
今までのスマホの使い方とは変わってくると思います。

動画中にご紹介したバンカーリングを使えば、今までのスマホのように使えるかもしれません。

【iPhone6とiPhone6PLUSは使用場面を想像して選ぶ!】

AndoTVは実機を触るまではiPhone6PLUSにしようと心に決めていました。
ところが、実際に実機を触って見るとiPhone6PLUSの大きさに驚き、手軽に使えないことから、iPhone6にしようかと考えています。

というのも、AndoTVは従来のスマホの様にポケットから気軽に取り出して、片手で使いたいと考えていたからです。
それをiPhone6PLUSでやるのはかなり大変だと感じました。
というよりは無理です!!

そのため、バッテリー容量やディスプレイなど優れている点があっても、実際に使いたい場面を想像して、iPhone6に決めたのです。

このBlogをご覧になっている読者さんも一度実機を触ってもらい、自分のスマホ利用の場面を想像してから、iPhone6とiPhone6PLUSのどちらを選ぶかを決めるのがオススメです!

LINE@はじめました!
登録はこちらから。
友だち追加数

-Apple, iPhone

Copyright© AndoTV Officialブログ , 2019 All Rights Reserved.